ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

切らないたるみ治療!タイタンの効果と特徴

最近注目の「たるみ治療」

顔の見た目年齢を大きく引き上げてしまう美容トラブル、たるみを解消する美容治療が大きな人気を集めています。

一昔前のたるみ治療では、メスを使って皮膚を切開し引き上げるという外科的な処置が一般的でした。

切開を伴う治療方法は即効性が高いというメリットを持っていますが、ダウンタイムが長いというデメリット面も持っています。

皮膚を切らない治療方法なら、ダウンタイムも最小限で済みますし、施術跡が残るリスクもありません。

気軽に受けられるたるみ治療として、今注目を集めているのがタイタンです。

 

タイタンとは

タイタンとは、赤外線領域の光を使用して皮膚に熱刺激を与え、コラーゲンを収縮させるという仕組みを持ったたるみ治療です。

熱刺激を与えるといっても、ターゲットゾーンは真皮層であり、その温度は約50~60℃程度となっているため、痛みを感じることはありません。

レーザーによるたるみ治療には、光や高周波を用いる方法も存在しています。

それらの治療方法とタイタンの違いは、即効性の高さにあるでしょう。

赤外線領域の光によって熱エネルギーを効率的に伝えることができるため、真皮層に速やかに到達し、熱収縮を起こすことができます

タイタンとは近赤外線領域の光(IR)を使用することで肌を引き締める、FDA(米国食品医療品局)公認の画期的なたるみ専用治療器です。赤外線領域の光(IR)が肌の弾力を担っているコラーゲン、エラスチンに働きかけ、シワ、たるみ等が目立つ弾力を失った肌を、ハリのある若々しい肌へ内側から再生させます。

引用元:タイタンとは

コラーゲンの熱収縮による引き締め効果は、施術後すぐに現れるのが特徴です。

強力な効果によって真皮層から肌を引き締め、たるみを解消してくれます。

さらに線維芽細胞に刺激が加わるため、長期的にコラーゲンの生成を促してくれますから、施術後しばらくの間、徐々に現れるその効果を実感することができるのです。

即効性のある引き締め効果と長期的なコラーゲン生成促進効果、この2つを同時にもたらすことができる、それがこの施術の大きな魅力だといえるでしょう。

即時効果は施術を受けた後、30分程度経過してから現れ始めます。

即効性のある引き締め効果は、その後約3週間ほどの期間持続するといわれています。

長期的なコラーゲン生成効果は、施術の後1ヶ月から半年程度継続するのが一般的です。

効果の持続期間は人によって多少異なりますが、施術を受けた方の口コミを参照すると、最低でも2~3ヶ月程度は効果が持続するケースが多いようです。

3ヶ月間隔で繰り返し施術を受け続けた結果、さらに効果の持続期間が長くなったとコメントをしている人もいます。

短期間な効果だけでなく、長期的な効果についても実感している利用者が多い傾向でした。

他の美容治療との違いは?

美容治療を受ける際に気になるのは、皮膚に対する負担の度合いやダウンタイムの長さです。

タイタンの場合、皮膚表面温度を上げすぎることなく施術を行うことができるため、表皮に対する負担は非常に小さくなります。

腫れや内出血といったトラブルが起こるリスクもほとんどないため、ダウンタイムを気にすることなく体験することができる施術です。

費用についても比較的リーズナブルになっていますので、気軽に受けられる効果的なたるみ治療として、多くの人に選ばれています。

 

たるみの種類とタイタンの効果

タイタンのリフトアップ効果がもっとも発揮されるのは、皮膚がたるんでいる、余っているといった症状です。

タイタンが向いているのはこんな人

・ほうれい線が気になり始めた人
・頬のたるみはないが、顔がむくんでいる人
・安価で負担の少ない治療を希望する人

引用元:タイタンによるほうれい線の治療法とは

一言にたるみといっても、その原因は人によって様々となっています。

頬の周りにある余分な脂肪が分厚いたるみを生んでいる、表情筋の衰えが原因で顔周りのラインが下がっている、という場合もあるでしょう。

タイタンは脂肪を除去したり、表情筋を鍛えるといったタイプの施術ではありません。

皮膚の奥深くにある真皮層を収縮させ、肌そのものをぐっとリフトアップするという方法になります。

たるみの原因によっては他の施術のほうが効果的な場合もありますので、クリニックでよく相談をしてから施術を受けるかどうか決めることが大切です。

 

最終更新日

タイタン , リフトアップ , 美容外科 , 韓国美容