たるみ治療の教科書

   

目の下のくまの種類と効果的な対策の一つである美容外科のたるみ治療

若い頃にはハリやツヤがあった美しいお肌を持っていた人にも、年齢を重ねて行く内に衰えが出て来るのは避けられないものです。お肌に衰えが見えるようになった時に、それもまた自分が積み重ねて来た歴史の一部だといったように考えて、自然の状態のままでいることを選択する人もいるでしょう。しかし、特に女性の中には出来るだけ若く見られたいという欲求が強いために、色々な手段を講じてお肌の問題を改善しようと試みる人が大勢います。そういった加齢によるお肌のトラブルの中でも、特に目立ちやすいので気になるという人が多いのが、目の下が黒ずんで見えるくまでしょう。誰かと向かい合って会話をする時には目元に注目することが多いので、自分の目の下のくまが他人からはどう見えているのだろうと気になる人は少なくないものと思われます。ただ、目の下のくまと一口に言っても、実は大きく分けると三つの種類があって、その中には年齢に関係なく出来てしまうものもあります。その種類としてまず挙げられるのは青くまと呼ばれるもので、目の下にある皮膚を引っ張ると青い色が薄くなるという特徴があります。その主な原因は睡眠不足・ストレス・目の周囲の血行不良などです。なので、例えば良く睡眠をとるようにしたりなど、そういった問題点を改善するように心がければ、比較的解消することは難しくないと思われます。次に挙げられる種類は茶くまと言って、青くまとは異なり目の下の皮膚を引っ張っても茶色が薄くならないのが特徴です。この茶くまで出来る原因には、主に目をこすりすぎたことや多くの紫外線を浴びたことにより、皮膚にメラニン色素が沈着したというものがあります。したがって、目をこすらないようにしたり、紫外線をあまり浴びないようにすると良いでしょう。そういった対策と共に、お肌のターンオーバーを促す美白化粧品などを活用して、沈着したメラニン色素の解消を図るとより効果的だと言えます。そして、最後に挙げる種類は黒くまと言って、目の下に段差のようなものが出来て黒く見えるという特徴があります。この黒くまこそが加齢によって生じる、目の下のくまの中で最も厄介と言えるものなのです。加齢によって眼球を支えている眼輪筋という筋肉や皮膚などが衰え、それによって眼球が下がって来るので、それに目の下の脂肪が押されるようにして出っ張ってくることで段差が生じます。この黒くまが最も厄介だと言える理由は、他の二つの種類の場合には対処法が比較的実行しやすい原因によるものなのとは異なり、加齢というそれ自体を食い止めることの出来ないものが原因となっているものだからです。そのため、例えば顔をマッサージしたり、顔の筋肉を動かして鍛えたりと自分で色々な努力や工夫をしても、目見えるようなレベルで改善することは困難なのです。しかし、効果的な対策がないわけではありません。その特に効果的な対策と言えるのは、美容外科に行ってたるみ治療を受けることです。美容外科ではメスを使った整形手術を行うというイメージがあり、抵抗を覚える人もいるかも知れません。確かに、目の下のたるみ治療の種類の中には、切開した部分から脂肪を取り除いたり、目の下の脂肪を移動させるために少しだけ切開を行ったりするやり方もあります。そういったやり方には高い効果が期待出来るのですが、少しだけでも切開するのは怖いと思うのであれば、切らないたるみ治療を選択することも可能です。例えばレーザーを用いてほんの小さな穴を開けて、そこから脂肪を取り除くといった施術であれば、傷跡が目立たない上にしっかりとした効果が出ることが期待出来ます。また、ヒアルロン酸を注入するという簡単なやり方によって、目の下の皮膚のハリを与えて熊を目立たなくするというやり方もあります。このように、美容外科では色々な方法のたるみ治療で、気になる目の下のくまの解消が図れるのです。

くま , たるみ治療 , ヒアルロン酸 , レーザー治療 , 整形 , 美容外科