ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

最新のたるみ治療について。日々のお手入れから美容外科治療まで

たるみの原因とは?

女性の肌の悩みで多いのが顔のたるみです。

ほほのたるみ目の下のたるみフェイスラインと気になるたるみは多いと思います。

たるみの原因は様々ですが、肌のハリが低下することも原因のひとつです。

皮膚は表皮と真皮、皮下組織で構成されています

真皮を支えているコラーゲンエラスチンは年齢を重ねると徐々に減っていきます。

コラーゲンのプルプルした弾力性が、お肌にハリをもたらします。ところがその弾力性は、コラーゲンの他に「エラスチン」と呼ばれる繊維成分によって支えられているのです。「エラスチン」は、ロイシン、アラニン、グリシン、プロリン、バリンなど800個以上のアミノ酸からなる不溶性のタンパク質です。

引用元:お肌のハリや弾力を支える「エラスチン」について

そして、細胞の間でクッションの役割を担っているヒアルロン酸が減少すると、肌の弾力がなくなりシワやたるみの原因になります。

人間の顔には表情筋があり、表情筋が衰えると脂肪皮膚を支えられなくなります。

日本人は姿勢が悪い人が多いですが、悪い姿勢を続けていると筋肉が引っ張られてしまい肌にたるみが生じます

 

たるみの治療法

 

美容皮膚科や美容クリニックでは最新のたるみ治療が行われていますが、その中でもヒアルロン酸注入は女性に人気があります。

専用のマシンを使ってヒアルロン酸配合の薬剤を真皮の中に入れていきます

真皮へのダイレクトな作用により、皮膚にハリが戻ってきます。

注入機器には極細の針がついていて、皮膚を吸引しながら注入を行います。

ヒアルロン酸はもともと体の中にある成分なので、アレルギーを起こす心配もほとんどないです。

たるみの改善ではプラセンタ注射も有名です。

プラセンタもヒアルロン酸と同様に注射器を使って直接肌に注入します。

プラセンタを注入すると真皮細胞が活性化してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やします。

肌の弾力とハリを保つコラーゲンヒアルロン酸エラスチンを増やすことができれば肌は弾力を取り戻します。

弾力とハリが戻ることで少しずつ肌のたるみが改善されていきます

 

おすすめのクリニックメニューいろいろ

 

美容クリニックや美容皮膚科の人気メニューのひとつがフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルはIPLを利用した施術方法で、光を顔全体に照射します。

光の照射でコラーゲンを生成する繊維芽細胞の働きを活発にして弾力とハリを取り戻していきます。

シミ・そばかす、赤ら顔などの肌トラブルを改善する美容医療は、フォトフェイシャル®やレーザーが一般的です。 フォトフェイシャル®の光はIPL(Intense Pulsed Light)と言って、レーザーとはまったく異なる特性があります。

引用元:光で素肌を変える、フォトフェイシャル®とは

昔から一定数のファンを持っているのがレーザー治療です。

レーザーには様々な種類がありますが、最新のレーザー治療は肌に照射するとコラーゲンの収縮を促してリフトアップできます。

痛みが少なくて持続性と即効性がある医療用のレーザーが人気を集めています。

古い角質を取り除いて新陳代謝を活発にするのがケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングは比較的簡単にできる施術方法です。

皮膚の表面に薬剤を塗って古い角質をはがしていきます。

皮膚の新陳代謝が促されると少しずつコラーゲンが植えて自然なハリが戻ります。

料金もリーズナブルで、若い世代の女性の多くがケミカルピーリングを受けています。

ビタミンC誘導体が配合されたクリームも評価が高いです。

このクリームは10代から高齢の方まで人気で、10代の方はニキビや顔のテカリ予防に使用したり、

たるみやシワなどが気になり始めた年齢の方がアンチエイジングに使用することもできておすすめです。

たるみやシワなどエイジングサインにも有効です。線維芽細胞に働きかけて、コラーゲン生成を促してくれます。コラーゲンが増えれば、肌の弾力やハリUP!たるみやシワの目立たないふっくらした肌に導いてくれます。

引用元:ビタミンC誘導体って何がすごいの?期待できる美容効果とおすすめ美容液3選

昔は顔のリフトアップを実現させるためにメスを入れる人もいましたが、現在はメスを入れる人は少なくなっています

メスを入れなくても水準以上の効果を出すことが可能です。

肌がたるむと女性は老けてみられることが多くなるので損です。

最近はリフトアップ化粧品家電製品が続々と登場しています。

美容皮膚科や美容クリニックでは様々な施術方法を駆使して肌トラブルを解決していきます。

 

自分でできる?日々のお手入れ

 

そのほか、自分でできるたるみ予防としては、

  • 自宅で優しくマッサージをする
  • デスクワークが多い仕事をしている人は、適度に休憩を取り入れて簡単なエクササイズを行う
  • 表情筋を動かすエクササイズを続ける
  • 猫背の人は肌がたるみやすいので、スマートフォンやパソコンを長時間利用する場合は姿勢に気をつける

などがあります。

女性はだれでも顔や体に年齢がでることが気になるものです。

最近は改善するための治療法などの情報がたくさんあふれていますが、その中でも自分に合ったものを見つけましょう。

それでも肌のたるみが気になる、改善が見られないなどの場合は、美容皮膚科美容クリニックのカウンセリングを受けると症状に合わせて適切な治療法を提示してくれます。

信頼ができるクリニックにしっかりと相談をしていつまでも若々しい肌を保ちましょう。

最終更新日

たるみ治療 , ウルセラ , エラスチン , クリニック , サーマクール , ヒアルロン酸 , ピーリング , フォトフェイシャル , プラセンタ , リフトアップ , レーザー , レーザー治療 , 整形 , 美容外科