たるみ治療の教科書

   

まぶたのたるみ治療にはどのようなものがあるのか

まぶたのたるみは、美容面で不健康そうなイメージを与えてしまうなどあまりよくない印象に見られます。ですのですっきりとした目元にしたい人は少なくありません。それでは、こうしたたるみ治療にはどのようなものがあるのかですが、簡単に書くと手術を行っていきます。たるみ取りの手術にはどのようなものがあるのかというと、上眼瞼皮膚切除・眉毛下皮膚切除・眉毛上皮膚切除の3種類があります。
このうち上眼瞼皮膚切除はたるみをとる手術の中では最も一般的に行われている手術法です。具体的には、垂れ下がってしまったまぶたの皮膚とそのすぐ下に存在する眼輪筋と呼ばれる目の筋肉を直接切り取って縫合することでたるみを治すという方法です。直接切除するため、たるみを取る効果が大きいことがメリットといえるでしょう。傷痕は二重の線やしわにまぎれて非常に目立たなくなりますので、手術をしたことがばれにくいのが利点となっています。
もしも、二重があいまいになっているときにはオプションとして同時に二重の固定を行うことも可能です。さらには眼瞼下垂がみられるときには、治療法として眼瞼下垂に対する腱膜修復術を同時に行うこともできます。ただ、デメリットも存在します。それはまぶたの皮膚が厚い人の場合には、たるみが減ったように見えても以前よりまぶたが腫れぼったくなる印象に仕上がるケースが報告されていることです。
さらには、ダウンタイムが長めであることもデメリットといえます。術後の腫れが完全に引いて自然の状態になるのにかかる目安は2週間から1ヵ月ほどとなっており、それまでは外出するのに不自由であることが難点といえるでしょう。
二つ目の眉毛下皮膚切除は、上眼瞼皮膚切除の欠点を解決するために近年広く行われるようになった方法であり主流になってきつつある手術法です。違いは、二重の線の位置で皮膚を切り取るのではなく眉毛の下縁に沿って皮膚を切除して縫合する方法がとられています。メリットは、瞼縁から離れた皮膚の厚い部分を切り取り縫合するという特徴を持っているため、皮膚の薄い部分が温存されたままたるみが上方へ引き戻されるようになります。その結果、仕上がりがすっきりと軽い印象になります。まぶたが厚ぼったい人でも利用することができるため、トラブルになりにくいです。
ただ、人によっては上眼瞼皮膚切除のほうが向いている場合もあります。元々まぶた全体の皮膚が薄かったり、同時にあいまいな二重をはっきりさせたいときや眼瞼下垂の手術を同時に行って治療したい場合にはそちらの方が適しているといえます。このあたりは、医師と相談しておきましょう。
もう一つの眉毛上皮膚切除については、あまり適応となる例が少ないです。余剰皮膚を眉毛の上のラインに沿う形にして、眉上で切除する方法がとられています。これによって、眉毛の位置が上がっていきます。眉毛の位置が下がっていて気になる人にとっては、この方法が適しています。そうでない場合は、あまり利用されません。眉毛の上に傷ができるので、傷が目立つ可能性がしばらくあるのがデメリットです。ただ、時間とともに目立たなくなりますのでそこまで気にする必要はないでしょう。
これらの手術に関してですが、手術を受けられない方もいますので注意します。妊娠している人・妊娠の可能性のある人・授乳中に該当する場合には受けることはできません。
料金に関してはクリニックごとに違ってくる面があります。術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なり幅がみられる傾向が強いため、カウンセリングを受ける時には充分に費用面も相談しておいたほうが良いです。ただ、上眼瞼皮膚切除より眉毛下皮膚切除または眉毛上皮膚切除のほうが料金が高めですので覚えておきます。

たるみ治療 , まぶた , クリニック , ダウンタイム , 上眼瞼皮膚切除 , 整形