たるみ治療の教科書

   

たるみ治療を受けて目元を改善

目の下やまぶたのたるみは実年齢よりも老けて見えてしまう原因の一つとなっています。いくらメイクをしっかりしたり、若く見られる服装をしたとしても、目のまわりのたるみがすべて台無しにしてしまうと言っても過言ではありません。そんなたるみはマッサージをしたり、美容液などを使うことで多少改善できる場合がありますが、たるんでしまった皮膚はそう簡単に元通りになるものではありません。そのため、たるみが気になっているものの、加齢によるものなので仕方ないとあきらめている人も多いのではないでしょうか。
気になる目元のたるみを改善するための方法としておすすめなのが、美容クリニックでたるみ治療を受けてみる方法です。美容クリニックで行われているおもな治療方法には次のようなものが挙げられます。
メスを使わない治療を希望する人におすすめなのが注入治療です。これは目元のたるんだ部分にヒアルロン酸を注入するたるみ治療で、短時間で完了して比較的早い効果が期待できます。また、ダウンタイムがほとんどなく、腫れや痛みも少ないのが特徴です。入院などの必要もないため、仕事帰りに気軽に治療を受けることも可能となっています。メリットが多い反面、効果が長時間持続しないため、定期的な注入が必要になるといったデメリットもあります。
また、メスを使わない目元のたるみ治療には、たるんだ皮膚をリフトアップする方法もあります。主に糸を使ってリフトアップする方法と、レーザーなどを照射して肌を活性化させることでリフトアップする方法です。どちらも同じメスを使わない注入治療に比べて効果が長く持続するのが特徴で、その分料金も高く設定されています。
一方で、皮膚を切開することで目元のたるみ治療を行うのが下眼瞼切開です。メスを使う治療ということで、他の治療方法に比べてダウンタイムが長くかかったり、高度な技術を必要とする治療のため、美容クリニック選びが特に重要になるなどのリスクがあります。その分、高いたるみ改善効果が期待できますが、他の治療方法に比べて料金も高くなります。どの治療方法もですが、目元のたるみ治療は健康保険が適用にならないため、かなりの負担になる場合があります。
このように気になる目のたるみを改善するための治療方法にはさまざまなものがありますが、同じ治療方法でも人によって効果の出方が違うため、友人がうまくいったからと言って、自分も同じような効果が得られるとは限りません。そのため、治療を受ける場合は、医師によって自分に最も合った治療方法を提案してもらうことが重要になります。信頼できる美容クリニックでは必ず治療前にカウンセリングを行い、目やたるみの状態、既往症などをしっかり確認した上で、最適な治療方法を提案してくれます。また、メリットばかりではなく、それぞれの治療方法についてデメリットやリスクなどもきちんと説明してもらえるので、安心して治療が受けられるようになっています。
治療に関して不安やわからない点があれば、カウンセリング時に質問すればわかりやすく説明が受けられるので、不安を完全に無くした状態で治療を開始することができます。数多くの美容クリニックがあるのでどこでカウンセリングを受けたら良いか迷った場合は、実際にたるみ治療を受けて目元のたるみを改善した人の口コミを参考にして選ぶようにする方法もあります。また、美容クリニックの中には本契約の前に、お試し治療が受けられるところもあり、そういった美容クリニックなら痛みの度合いや効果を実感した上で、本格的な治療を受けることができます。目のまわりのたるみが気になるけれど、治療に関して不安がある人はお試し体験がある美容クリニックを選んでみてはいかがでしょうか。

たるみ治療 , まぶた , ヒアルロン酸 , リフトアップ