ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

たるみ治療はマッサージで改善。たるみを治して若々しく!

顔のたるみは加齢とともに気になってくる人も多いと思います。

若く見える人は顔がすっきりしている、なんてことを思ったこともあるでしょう。

このたるみをなんとかしたい!と美顔器を買ったり、解消グッズを買ったりするのは意外とお金がかかってしまうもの

今回は、気になるたるみをマッサージリフトアップするには、ということを考えていきたいと思います。

 

たるみとマッサージ

たるみ治療マッサージをすることで、その状態を改善することも可能になります。

積極的にマッサージをするといいでしょう。

コツとしては

  • 定期的に毎日するということ
  • 気持ちいいぐらいの力ですること
  • ツボのようなところを丹念にすること

の三つです。

 

定期的に毎日する

毎日継続することで効果が出てきて、持続させることができます。

マッサージには即効性はありません。

その場で多少変わったように見えても、劇的に変わったり、そのあと持続して効果が続くことはないと考えていいと思います。

人の身体と精神は極めて密接につながっています。

マッサージすることで目に見えて効果が分かると、やる気も出ますし、気持ちも上に向き、さらに効果が出やすくなります

続けないと効果を実感しにくいため、やる気も下がり、さらにやらなくなるということも少なくはありません。

やったりやらなかったりだと、自分の心に不安感を持つことになりやすいですから、折角いい施術をしているにも関わらずに、思ったほどの効果が出ないという事で、最終的に止めてしまうという事もあります。

自分でマッサージをするということは億劫になればいつでもやめることが出来るという事もメリットではあるのですが、続ければ効果を実感することもできますし、そんなに難しい事でも時間を取られることでもありません。

健康面でもメリットは大きいですから、続けて行うように習慣づけるという事を考えるべきでしょう。

もし自分で続ける自信がないという人は、美容皮膚科などを利用して治療してもらうことも一つの手です。

専門の施設でやれば当然自分だけでやるよりも効果が出やすく、また効果が出ていることを教えてもらうこともできます。

 

気持ちいいぐらいの力でする

痛いマッサージはデメリットも多く、さらに続けようという気がそがれてしまうこともあるので注意が必要です。

人の身体は極めて合理的に出来ていて、身体に良い事をしていると気持ちいいですし、良くない事をしていると痛いと感じたり、不快に感じたりするように出来ています。

ですから、痛みを感じるような施術になっている場合は殆どの場合において身体には良くないと考えておく必要があります

痛みは筋肉を硬直させて防御の姿勢を取るような事になりますから、血液は流れにくくなり、その状態が長く続けば健康的にも良くはありません

たるみ治療のような時でもこの事は言えるので、基本的には身体が気持ちいいと感じられるのかどうかで、うまく出来ているかどうかを判断するといいでしょう。

何も感じないという場合は、判断が出来ないところがありますが、自分は感じる所が無くても細胞レベルではしっかりと刺激を感じ取って働いている事もあります。

専門的なクリニックなどで受ける時は痛いマッサージにも意図があることはありますので一概にダメとは限りませんが、自分でマッサージする場合は「痛い」になる手前、気持ちいいと感じるくらいの力で行うといいでしょう。

 

痛みのあるマッサージを受けた場合に、筋肉細胞は必要以上の刺激(痛み)に対して防御反応を起こします。 その痛みに耐えようとし、その結果、より硬くなっていきます。

引用元:強いマッサージはデメリットだらけ。体がいたんでいくだけのマッサージを受けてませんか?

 

ツボのようなところを丹念にする

ツボの「ような」というところですのでツボは別にしっかり勉強してからではなくても良いです。

適当にしていると気持ちよい所が見つかるはずなので、その辺りを探っているとだんだん分かるようになります。

ぴったりとツボに当たらなくても刺激は伝わりますから、この刺激を伝えるという事を意図してすれば、だいたい上手くいくというように考えておいて大丈夫です。

翌日などに痛みのような事が起きれば、やりすぎですから、その事は気を付けておいて適度な回数でマッサージを繰り返していると、たるみ治療も上手くいく事が考えられます。

 

筋肉をほぐして結構改善も!

出来れば、マッサージする前後にストレッチなどもして、全身の筋肉をほぐすといいでしょう。

というのも、全身を血液は駆け巡っているので、一部だけを刺激して血流を上げるという事よりも、全身の筋肉を使って血液を動かすという事をした方が効率的になるからです。

特にマッサージをしていると身体がホカホカとしてくるような感じがするのは、この血流が良くなっているという事ですから、これと同じような効果が期待できるストレッチと合わせて行うと効果も出やすくなるというわけです。

これもやりすぎには注意をして気持ちがいいレベルの負荷にするというのがコツ。

 

まとめ

マッサージやストレッチの効果というのは小さく考えられがちですが、実は大きな働きをしている事が多々あります。

空き時間にできたり、美容整形のように痛かったり費用が掛かったりもせず手軽なのも魅力的です。

自分の体と相談しながら、場合によっては医者などのプロに教えてもらいつつ、たるみのない若々しい体を目指しましょう。

 

最終更新日

たるみ治療 , アンチエイジング , ストレッチ , マッサージ , リフトアップ , 劇的 , 効果 , 改善 , 美顔器