たるみ治療の効果を維持するためにはどうしたらいいのか

若い頃は弾力があってみずみずしさに満ちていたお肌も、30代後半に差し掛かると徐々にたるみが目立ち始めます。服で隠せない顔は視線が常に集まりやすいので年老いた印象を周囲に与えやすいですし、メイクをする時に鏡を見たら自分のたるみが視界に入ってどんよりした気持ちになることも。コラーゲンの減少や劣化で肌がたるむようになるとフェイスラインが崩れるので、繊維が支えている顔の脂肪も位置が一緒にずれていきます。体重は増えていないのにもかかわらず顔だけ太ったように見える人や、フェイスラインが変化して顔が大きくなったように見える人も、もとを正せばたるみのせいなのです。
外見上のデメリットが大きい皮膚の老化の為にセルフケアを行っても一定の効果を得ることはできますが、どうしても家でできることには限界があります。エステサロンでも専門的なケアはできますが、医療機関ではないので施術メニューなどに多少制約があることは仕方のないことです。でも、美容皮膚科なら医療行為としてのたるみ治療を受けられるので、効果の高いアンチエイジング治療を実現しています。たるみ治療には安価で短時間で完了するヒアルロン酸注射や、専門的なマシンを使ってたるんだ皮膚を引き締めるサーマクールやウルセラなどがあります。
ヒアルロン酸は皮膚にも存在していますし、化粧品の成分であることからもわかるように、美容医療に用いられるフィラーの中でも安全性が高くて、身体になじみやすい物質です。胸や唇、頬など顔にも身体にも様々な箇所に注入できますが、たるみを解消したい人からも人気です。身体に元からある分、時間が経過すると自然に吸収されることが欠点と言えば欠点ですが、見方を考えると整形前の自分に戻れるということも意味しています。効果は数か月から半年ですが、少しでも効き目を維持したいなら、ヒアルロン酸の薬剤の質と注入技術にこだわっているクリニックを選んでおいた方がいいですよ。美容医療用のヒアルロン酸の中には、安価で質の低いものやこれを薄めたものなどが使用されている例もあります。そのようなクリニックは、相場よりも極端に安い料金になっているので、いくつかのクリニックを比較すればすぐにわかります。プチ整形であっても、妥協しないでこだわっているクリニックは、医師に研修を行っていて注入技術料込みの料金を設定しているところや、正規ルートで正規品のみを使っていると明言しているところです。
ヒアルロン酸を繰り返し注射するよりも、もっと持続期間がいい方が望ましいなら、同じく美容皮膚科で受けられるサーマクールがオススメです。サーマクールはラジオ波を皮膚に照射することによって、その時に発生した熱エネルギーの力で劣化したコラーゲン繊維に小さなやけどをさせて人工的に収縮させる方法です。小さなやけどがあると、皮膚は自分の力でコラーゲンの合成量を増やして対抗しようとします。この自己修復力を利用して、自分自身の力でコラーゲンの量を増やしてたるんだ皮膚を引き締めることができる点が特徴です。サーマクールは全身に使えるので、顔だけではなく体の皮膚のたるみも治せます。以前は目の周りのように薄い皮膚にはサーマクールの熱は万が一のことを避けるために使うことはできませんでした。でも、今は目元専用に開発されたサーマクールも登場しています。目元こそ年齢が出やすいので、ここのしわとたるみに悩んでいた人にはいいことですよね。効果は約1年で薄れてしまいますが、完全に効き目が切れる前に重ねてラジオ波を照射することで、サーマクールの効果をより長く維持することは可能です。毛穴なども同時に引き締められるので、他の肌悩みの解消にもなりますよ。
Share