たるみ治療の教科書

   

たるみ治療に使われている金の糸

年齢を重ねると目立ってくるのが肌のたるみです。
肌がたるむ理由は人によって異なりますが、加齢による老化だけでなく悪い姿勢でも肌はたるみます。
最近は1日中スマートフォンを使っている人も多いです。
猫背など悪い姿勢でスマートフォンやパソコンを長時間使っていると、若くても肌のたるみが出てきます。
頬や首のたるみが進むと、実年齢よりも老けて見られます。
肌のハリや弾力を支えているのはコラーゲンやエラスチンです。
コラーゲンやエラスチンは加齢により徐々に減少します。
人間の皮膚は表皮と真皮、皮下組織で成り立っています。
コラーゲンやエラスチンがあるのは真皮です。
コラーゲン繊維は網目のように張り巡らされ、クッションのような働きをしています。
エラスチンはコラーゲンを支え、ヒアルロン酸が水分を保ち肌の潤いを守ります。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は加齢により減少し肌からハリや弾力が失われます。
紫外線も肌の老化を進める原因となります。
紫外線の影響で肌が酸化すると、活性酸素が肌の内部に蓄積されていきます。
活性酸素は酸化力が強いため、増えると肌の老化を進めてしまいます。
活性酸素によって繊維芽脂肪がダメージを受けるとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成にも影響が出ます。
年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が低下します。
肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激に対して弱くなるため肌トラブルの原因になります。
表情筋の衰えも肌のたるみの原因として知られています。
脂肪の奥にある筋肉は、皮膚や脂肪を支える存在です。
筋肉が衰えると皮膚を支えきれなくなり、たるみが目立つようになります。
美容クリニックでは様々な方法で肌のたるみを治療します。
最近注目を集めている治療方法が金の糸です。
金の糸は純度の高い24金の糸で、この糸を体に埋め込むと繊維芽細胞が増殖してコラーゲンやエラスチンも増えます。
体に安全な金の糸を挿入すると、皮膚が挿入した部位を正常にしようとして活性化します。
糸の刺激によって毛細血管が伸び、皮膚の損傷を回復させようと動きます。
コラーゲンやエラスチンだけでなくヒアルロン酸の生成も促すことができるので、肌の保水力も高まります。
皮膚細胞が活性化して肌が若返るので、弾力とハリが戻ってきます。
金を使った美容法は古代エジプト時代からあります。
金に高い美容効果があることは、昔から知られています。
現在ある美容法のルーツは、1969年にフランスで行われていた美容術にあります。
フランス人の医師が科学的な根拠に基づき、髪の毛のような金でできた糸を皮膚に埋め込んで肌を若々しくさせる手法を開発します。
1977年にはイタリアで技術改良され、1992年に顎と首の皮膚下に金でできた糸を入れるゴールデンリフトが開発されるとヨーロッパ中に広まります。
金の糸はメスを使わない肌のたるみ治療なので、体の負担が少ないです。
施術後は2週間から3週間くらいで治療効果が期待できます。
個人差はあるものの、金の糸でリフトアップすると約8年から12年の間効果の持続が可能です。
糸はさまざまな部位に使うことができます。
頬や口まわり、目尻だけでなく腰や二の腕なども施術が可能です。
ターンオーバーを正常化してメラニンの生成も抑えるので、美白効果も期待できます。
毛細血管が増えて血行がよくなると肌のツヤもよくなります。
糸が入っている限り繊維芽細胞の活性化は続きます。
メスを使わないので抜糸する必要がなく、腫れも少ないので仕事を持っている人でも施術を受けやすいです。
人間の皮膚再生機能を向上させることで肌のエイジングケアができるので、多くの女性が利用しています。

たるみ治療 , アンチエイジング , エラスチン , コラーゲン , ヒアルロン酸 , リフトアップ , 金の糸