30代に入ると多くの女性が肌のたるみを気にするようになります。
肌のたるみは様々な原因で起こりますが、真皮のコラーゲンが減ることも原因のひとつです。
真皮はコラーゲンやエラスチンが支えていますが、年齢を重ねるとコラーゲンもエラスチンも減少します。
肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやエラスチンが減ってしまうと、肌のたるみが目立つようになります。
繊維芽細胞の機能が低下して表情筋が衰えると、ファンデーションを塗っても肌のたるみやほうれい線がカバーできなくなります。
肌のたるみを根本から改善するために美容クリニックに通っている女性も多いです。
美容クリニックでは患者の肌を丁寧にチェックして最も適したリフトアップ方法を提案します。
肌のたるみ治療は大きく分けて5種類あります。
切るリフトアップ手術は昔からありますが、最近は切らないリフトアップが人気を集めています。
特に高い評価を受けているのが特殊なとける糸を使ったリフトアップ方法です。
糸を使ったリフトアップ方法は2種類あります。
ひとつは糸で肌のたるみを引き上げる方法で、もうひとつは糸を埋め込んで引き締める方法です。
糸でリフトアップする方法ではフェザーリフトやスレッドリフトが有名で人気があります。
昔はメスを入れて肌のたるみを引き上げていましたが、皮膚を切開すると回復に時間がかかってしまいます。
とける糸を使った施術だと短い時間で施術が終わりダウンタイムも少なくて済みます。
伸縮性のあるフェイスリフトは、従来の方法では効果が出なかった顔の中央部分まで効果を発揮できます。
持続性があり仕上がりの美しさでは群を抜いています。
肌のたるみを引き上げるには高周波やレーザー、超音波も活用できます。
照射系の治療では高周波や超音波、医療レーザーがよく知られています。
手軽に施術を行える方法として若い女性に人気があるのがヒアルロン酸注入です。
注射1本で完了するヒアルロン酸注入には様々な種類があります。
保険は適用されないので自由診療になります。
加齢による様々なトラブルに利用されているヒアルロン酸ですが、ほうれい線にも効果を発揮します。
ほうれい線は30歳を過ぎてから目立つようになります。
肌の内部にはコラーゲンやエラスチンがありますが、年齢を重ねるとコラーゲンもエラスチンも失われていきます。
顔の表情筋を作っている筋肉が衰えると、頬の皮膚がたるんでほうれい線の原因になります。
仕事とプライベートの両方でパソコンを利用している場合は、姿勢に注意して猫背にならないように気をつけます。
ヒアルロン酸は日本でも大人気の美容成分で、高い保水力があるので様々なメーカーが保湿化粧品に配合しています。
ヒアルロン酸注入を行うと様々なメリットがあります。
施術をするとすぐに効果を実感することができ、3ヶ月から6ヶ月ほど効果が続きます。
ヒアルロン酸は体の中に存在している成分なので、一定の期間が過ぎると体内に吸収されていきます。
アレルギー反応が少ないのも人気が高い理由のひとつです。
薬剤の量が多くなり皮膚が膨らんだ亜倍でも、分解できる薬剤を注入することで修正ができます。
ヒアルロン酸を皮膚の中に入れ込むと、保水力が高まるので肌を美しく保ちます。
美容クリニックの施術メニューの中では比較的簡単なヒアルロン酸注入ですが、クリニックの選択は重要です。
経験豊富な医師に施術をしてもらうことで、仕上がりも美しくなります。
施術前には無料のカウンセリングが行われるので、ヒアルロン酸注入について不安がある場合は何でも相談できます。
料金もリーズナブルで気軽に受けることができるヒアルロン酸注入ですが、施術を行った後は医師の指示に従ってしっかりとケアすることが大切です。
Share