たるみ治療の教科書

   

たるみの原因やたるみ治療法について

鏡で自分の顔を見た時に、昔との違いに愕然としたという経験はありませんか?
その変化の大きな要因は顔の「たるみ」です。顔がたるむことによって、どんどん老けた印象になっていくのです。たるみは老化現象の1つでもあり、年齢を重ねればその分老化が進んでしまうのは仕方のないことでもあります。
しかし、誰もがいつまでも若く綺麗でいたいと願っているものです。女性の場合、その想いは特に強い傾向にあります。できることなら、どうにかたるみを改善し、昔のようなハリのある顔に戻りたいと思っている人もいるでしょう。
そこで、老け顔の原因でもある「たるみ」について原因や治療法についてご紹介します。
【たるみの原因とは?】たるみの種類は大きく分けると3つあります。まず、皮膚の真皮層と呼ばれる部分にあるコラーゲンの量が減少することで起こる「皮膚のたるみ」、脂肪の中にある繊維組織が加齢とともに劣化することで垂れ下がる「脂肪のたるみ」、体内の水分が脂肪にたまり下垂することで起こる「むくみによるたるみ」があります。
この中で、先述の2つは加齢が原因で引き起こされるものです。年齢を重ねると、皮膚だけでなく顔にある筋肉「表情筋」も衰えてきます。これらは肌のハリと弾力を保持するのにとても重要な働きをしているのです。
もう1つの“むくみ”によるものに関しては、老化現象ではないので、年齢に関係なく誰でもなってしまう可能性があります。
【たるみが出やすい部分とは?】たるみというのは、実は顔だけでなく体のあらゆる部分に現れます。その中でも顔は特に目につきやすく印象に残りやすいので、多くの人が気にするようになるのです。顔の中では、頬や口元、目の下や輪郭に現れてきます。その中でも頬のたるみはほうれい線の原因にもなるため、悪目立ちしやすい部分でもあります。
【たるみ治療法について】治療法はさまざまあり、機器と使って治療する方法・糸を使って治療する方法・手術による方法などがあります。機器を使った治療法は、メスを入れる必要がなく異物を体内に入れません。ですので、ダウンタイムを気にする必要がないので気軽に受けることができます。糸を使った治療法は、糸を入れるために皮膚を少し切開しなければいけませんが、効果がはっきりとわかるほど即効性があります。手術はある程度リスクはありますが、その分他の方法では治療困難なものも改善することができます。
どの治療法を選択するのかは自由ですが、たるみの原因によって適している治療法というのはあります。ですので、自分の原因が何であるのかを、まず知ることが治療への第一歩だと言えます。これは自分ではわからないので、治療を行なっているクリニックに行って診てもらいましょう。
先程、たるみを原因別で3タイプご説明しましたが、それぞれに適した治療方法をご紹介します。
まず、「皮膚のたるみ」はどの治療法でも効果が見込めます。「脂肪のたるみ」には糸を使った治療法や手術が適しています。「むくみによるたるみ」は機器を使った治療が適しています。
【まとめ】たるみの原因や治療法についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?たるみが気になっているけど、老化現象だからと諦めていたという人にも、治療方法がさまざまあることがお分かりいただけたかと思います。
原因によって最適な治療方法に違いはありますが、それよりも自分が無理なくできる方法を選択することが大切です。短期間で効果を得たいのか、長期間になっても負担が少ない方が良いのかなど、人によって要望はそれぞれ違います。クリニックによっては、さまざまな方法を組み合わせることによって、個人にあった方法で治療を進めてくれる場合もあります。治療してみようと思った時には、まず専門の医師にしっかりと相談することが大切です。

たるみ治療 , ほうれい線 , クリニック , 整形